日弁連法務研究財団 サイトマップ サイトマップ 個人情報保護法 お問い合わせ
日弁連法務研究財団について 研究 研修 情報提供 法学検定/既修者試験 法科大学院統一適正試験 法科大学院認証評価事業
法学検定

法学検定試験5つの特徴


1.法学全般に関するわが国唯一の検定試験
  全国規模で実施され,毎年,法学部在学・出身か否かを問わず,多くの学生や社会人等がチャレンジしています。

2.学習レベルにあった法的知識・能力が身につく
(ベーシック〈基礎〉コース・スタンダード〈中級〉コース)
 法学検定試験ベーシック〈基礎〉コース・スタンダード〈中級〉コースは,各科目の重要論点を網羅的にとりあげている『2017年法学検定試験問題集』(商事法務刊)から試験問題の6〜7割程度が出題されます(問題集の問題そのものが出題されるとは限りません)。問題集に沿って学習することにより,無理なく各科目全般に関する知識・能力を身につけられ,実際に試験で学習の成果を測ることができます。

3.レベル・進路にあわせコースを選択できる
 ベーシック〈基礎〉コース(法学部1年次生〜2年次生程度)は,「法学入門」「憲法」「民法」「刑法」といった基本法についての基礎的知識・能力を測る試験ですので,日常の学習のまとめや目安として活用できます。
 スタンダード〈中級〉コース(法学部2年次生〜標準的な3年次生程度)は,「法学一般」「憲法」「民法」「刑法」の必須科目に加えて,将来の進路や学習の度合い等に応じて5科目(民事訴訟法,刑事訴訟法,商法,行政法,および憲法・民法・刑法をその内容とする基本法総合)から1科目を選択でき,基本的な条文の解釈や重要判例の理解度を測れます。各種資格試験や採用試験の腕試しとして,さらには法律学の知識・能力の到達度測定手段として利用できます。
 アドバンスト〈上級〉コース(学習の進んでいる法学部3年次生〜法学部修了程度)は,スタンダード〈中級〉コースと同様の選択科目(基本法総合を除く)のほか,やや発展的な科目(労働法,倒産法,経済法,知的財産法)を加えた中からもう1科目の選択を要求しています。将来法曹を目指すためのステップとして,また企業や官公署等において法律実務を担当しうるだけの一定水準以上の体系的な法学の実力を証明する試験として利用され,高度なレベルとなっています。

4.就職・採用試験の場で威力を発揮
 大学受験時の偏差値ではなく,大学で何を学んだかを客観的に証明するツールとして,各企業や団体等の就職・採用試験の場で威力を発揮します。

5.法学界最高水準の陣容でバックアップ
 法学検定試験委員会は,法学の各専門分野においてわが国を代表する研究者によって組織されています。また各分野の気鋭の研究者によって練られた問題を水準に応じて出題しています(出題委員は非公表)。さらに本検定試験には,全国の法学研究者がその趣意にご賛同くださり,さまざまなご意見・ご指導・ご協力を得ています。



(2017年4月 更新)

法学検定試験TOPへ戻る


ページトップへ戻る
当財団の概要研究研修情報提供法学検定/既修者試験法科大学院全国統一適性試験法科大学院認証評価事業
Copyright
公益財団法人日弁連法務研究財団  〒100-0013 東京都千代田区霞が関1-1-3 E-MAIL:info@jlf.or.jp