日弁連法務研究財団 サイトマップ サイトマップ 個人情報保護法 お問い合わせ
日弁連法務研究財団について 研究 研修 情報提供 法学検定/既修者試験 法科大学院全国統一適性試験 法科大学院認証評価事業
研究

法廷通訳の現状と将来〜裁判と法廷通訳の技術と能力の向上のために〜

<研究の概要>

日本語ができない刑事被告人には通訳がつく。しかし、通訳人の資格制度がなく、通訳の正確性を担保する方法がない。裁判員制度では口頭主義が実質化し重点整理が行われるため、とくに正しい法律知識を持った通訳人の正確な通訳が求められる。この研究会では、法廷通訳の技術と能力向上を実現するための方策を検討する。


ページトップへ戻る
当財団の概要研究研修情報提供法学検定/既修者試験法科大学院全国統一適性試験法科大学院認証評価事業
Copyright
公益財団法人日弁連法務研究財団  〒100-0013 東京都千代田区霞が関1-1-3 E-MAIL:info@jlf.or.jp