日弁連法務研究財団 サイトマップ サイトマップ 個人情報保護法 お問い合わせ
日弁連法務研究財団について 研究 研修 情報提供 法学検定/既修者試験 法科大学院全国統一適性試験 法科大学院認証評価事業
研修

「債権法改正十番勝負研修会(その1) 特定物売買の世界」

公益財団法人日弁連法務研究財団主催
関東弁護士会連合会・東京弁護士会・第一東京弁護士会・第二東京弁護士会共催

 120年ぶりの民法(債権関係)の改正が国会に上程されています。民法の現代化をふまえた今回の改正は、とりわけ契約法の領域において法律実務のあり方を抜本的に変えようとしています。契約の拘束力を強く意識した履行障害法分野の改正は多岐に及び、その全てを短時間で理解することは困難ですが、今回は特定物売買に焦点を当て、錯誤取消と瑕疵担保(契約不適合)責任を考えることにしました。私たちが馴れ親しんだ特定物ドグマが改正法では否定されます。その影響が直接に生じるのは錯誤論と瑕疵担保責任です。この点の十分な理解なくしては新しい民法を理解することは不可能です。
 当財団では、債権法改正十番勝負と銘打った継続的研修を行っていく予定です。今回はその最初の試みとなります。多くの皆さまに参加いただきますようご案内いたします。

◎「債権法改正十番勝負」とは

日 時 2016年5月23日(月) 13:00〜17:00
場 所 弁護士会館2階講堂クレオ
東京都千代田区霞が関1-1-3
URL http://www.nichibenren.or.jp/jfba_info/organization/map.html
テーマ 「特定物売買の世界−特定物ドグマ否定後の錯誤と瑕疵担保を考える−」
プログラム
(予定)
第1部 講演
基調講演その1
「(仮)売買契約の成立と錯誤論」 鹿野菜穂子(慶應義塾大学教授)
基調講演その2 
「(仮)特定物売買における契約不適合責任」 潮見佳男(京都大学教授)
第2部 シンポジウム
定 員 300名(当日先着順)
参加費 1,000円(資料代として)
研修当日に受付で頂戴いたします。
当財団会員・司法修習生・新規登録弁護士(68期)・法科大学院生の方は無料(なお,当日受付にて当財団に入会いただいた方も無料とします。)

お申し込みは,下記申込用紙にて,2016年5月16日(月)までに,日弁連法務研究財団事務局宛てに FAX(03-3580-9381)にてお願いします。

申込用紙


ページトップへ戻る
当財団の概要研究研修情報提供法学検定/既修者試験法科大学院全国統一適性試験法科大学院認証評価事業
Copyright
公益財団法人日弁連法務研究財団  〒100-0013 東京都千代田区霞が関1-1-3 E-MAIL:info@jlf.or.jp