日弁連法務研究財団 サイトマップ サイトマップ 個人情報保護法 お問い合わせ
日弁連法務研究財団について 研究 研修 情報提供 法学検定/既修者試験 法科大学院全国統一適性試験 法科大学院認証評価事業
研修

「債権法改正十番勝負研修会(その3) 定型約款を考える」

公益財団法人日弁連法務研究財団主催

関東弁護士会連合会・東京弁護士会・第一東京弁護士会・第二東京弁護士会共催

 120年ぶりの民法(債権関係)の改正が国会で審議されています。日弁連法務研究財団では法案の成立・施行を見据えて,「債権法改正十番勝負研修会」と称する連続研修会を,財団設立20周年記念事業の一環として実施しております。今回は,「その3」企画として,改正法で新たに規律される定型約款を取り上げることとしました。法案施行後,遡及的適用のある論点ですので,早期の理解が必要となる問題です。今後,想定される問題点を取り上げ,21世紀の取引社会のあり方を見据えた具体的な解釈論を検討します。多くの皆様に参加いただきたく,ご案内いたします。

「債権法改正十番勝負」とは

日 時 2017年3月4日(土)12:30〜17:00
場 所 弁護士会館2階講堂クレオ(東京都千代田区霞が関1−1−3)
URL http://www.nichibenren.or.jp/jfba_info/organization/map.html
テーマ 「定型約款を考える −21世紀の取引社会を見据えて(仮)−」
プログラム
(予定)
 第一部 講演の部
 「(仮)改正法案における約款規定の概要」
   講師 沖野眞巳教授(東京大学)
 「(仮)みなし合意からの除外の法理」
   講師 山本健司弁護士(大阪弁護士会・日弁連消費者問題対策委員会委員)
 「(仮)企業法務の観点から考えた改正案の規律」
   講師 別所直哉氏(ヤフー株式会社執行役員)

第二部 パネル・ディスカッション
 講師3名によるパネル・ディスカッション
定 員 300名
受講料 当財団会員及び第69期登録弁護士,司法修習生,法科大学院生は無料。なお,その他の方も本研修会当日に当財団に入会いただくことにより無料。それ以外の方は,当日受付にて資料代として2,000円を頂戴します。

お申し込みは,下記申込用紙にて,2017年2月24日(金)までに,日弁連法務研究財団事務局宛てに FAX(03-3580-9381)にてお願いします。

申込用紙


ページトップへ戻る
当財団の概要研究研修情報提供法学検定/既修者試験法科大学院全国統一適性試験法科大学院認証評価事業
Copyright
公益財団法人日弁連法務研究財団  〒100-0013 東京都千代田区霞が関1-1-3 E-MAIL:info@jlf.or.jp