<報告レポート>講演会「韓国における取調べ録画制度と弁護人立会い」

 財団研究(第136号「刑事手続における取調べ可視化(録音制度)の総合的研究・取調べ可視化事例の収集と学際的検討を通して」)に関連して,被疑者取調べ録画研究会が主催して2018年12月7日(金)に京都弁護士会館において開催しました標記講演会の報告レポートを掲載しました。

  •  報告レポートPDF

関連記事

  1. 令和2年度「滝井繁男行政争訟奨励賞」のご案内
  2. 第23回被疑者取調べ録画研究会のご案内
  3. 「滝井繁男行政争訟奨励賞」のご案内

会員ページ

PAGE TOP